本を読もう

【レビュー・感想】12万人が学んだ 投資1年目の教科書

こんにちは、いまとらです。

この記事は、株式投資に関する本のご紹介です。

本のタイトルは…

【12万人が学んだ 投資1年目の教科書】

この本の帯には、「株/FX/先物…投資で勝てる心得とテクニックが1冊で身につく!」と書かれています。

私の現在地が、株式投資を始めて8か月。この本が示すとおり、投資1年目の初心者です。

これまで数々の本を読み漁りながら、投資の勉強をし、実践してきました。

いまのところ、着実に収益は伸びています。

そんな現在地にいる私がこの本を読んでどのように感じたのか、簡単にまとめたいと思います。

結論を先に言いますと…
  • これから学ぶ方には、入門編としてベスト!
  • それなりに学んだ方には、部分的に刺さります
  • 短期の実践で収益を得ながら学べ!的な位置づけの本
  • 決算書をじっくり読み込む!的な要素はゼロ!
  • チャートの見方を学びながら、即実践したい!方向け
  • この本をきっかけに深堀していく
  • 自称初心者なら買って損なし!オススメ(-ω-)/

この本は、1章~5章で組み立てられていますので、章ごとに感想を述べます。

興味がある方は、お付き合いください。

では、よろしくお願いします(-ω-)/

投資1年目の教科書

ようこそ、本物の投資の世界へ。

この本を手に取ってくださり、まことにありがとうございます。きっとあなたは、本屋さんか、すでに購入いただいてご自宅か、帰り道の電車の中などで開いたばかりというところだと思います。つまり、この本を読むに値するかを見極めようとされていると思います。どうぞ、見極めてください。今から、見極めるために必要なことを話します。

誰が、何を書いているのか。

この本は、12万人以上が学んだ、東京の新宿を拠点に展開する、投資の学校という投資教育スクールの創業者である私、高橋慶行が書いています。このスクールの講師は主に、金融の世界で活躍している現役のプロの投資家です。彼らの投資手法や考え方を授業化し、それを対面講座やオンライン講座で提供してきました。その講義の数は100以上ありましたが、複数の投資の達人が共通して話す内容であり、どのような市況であっても通用する大切なことを1冊の書籍としてまとめたものです。大変効率的に学べる内容です。

- はじめにより

Amazon商品紹介より

第1章 投資家マインドを身につけるための6箇条

投資を始めるうえでの心得が示されています。

簡単にまとめると…
  • なぜ投資をするのかを知っておけ
  • 完璧はない!大損する理由も知っておけ
  • 家族の理解を!
  • ビジネスとして投資に取り組め!
  • 投資の勉強に終わりはないぞ!

投資に向けての気分づくりの部分ですね。

正しく学べば「ギャンブルではないんだぞ」的な不安・誤解を取り除いてくれる考え方を植え付けてくれます。

第2章 「安定投資家」になるための5箇条

著者が命名した「安定投資家」という言葉をつかって、安定的に利益を出すための考え方と立ち回り方が示されています。

簡単にまとめると…
  • 1年目で学ぶべきはトレードだ!
  • トレードを正しく学んで仕組みを知れ!
  • 決まったことを繰り返し、大損を防げ!
  • 塩漬けはダメだ!効率よくお金を回せ!

本のタイトルにもあるように、「投資1年目」がターゲットとなっていますので、まずは実践を繰り返しながら、「投資するとはなんぞや」を学びましょうといった感じです。

  • 成長株(グロース株)はどうやって見つけるの?
  • 格安株(バリュー株)ってどんな企業の状態?
  • ファンダメンタルズ分析を教えて!
  • 長期目線で企業価値を見極めたいけど!

こういった考えをお持ちの方には、この本はちょっと方向性が違うのかもしれません。

ミライオ

投資1年目がターゲットなので、短期トレードで実践しながら学ぼう!がメインです。

第3章 利益を出すための9箇条

ココからは実践!っといった感じで、ローソク足などの基本を解説した後に、どういった状況のときにチャートはどのように動くのかを示されています。

簡単にまとめると…
  • まずは基本のローソク足を知れ!
  • 株価の動きには上下のトレンド(波の動き)があるぞ!
  • 移動平均線でポジションを確認!
  • さまざまなサインを覚えて売り買いのポイントを掴もう!
  • 水平ラインも理解せよ!
  • 理論や法則も勉強しよう!

この章では、チャートの見方や売り買いのタイミングなど、実践に関することが解説されています。

この本の3分の1程度の分量で、非常にわかりやすくまとめられています。

この本を買う価値はこの部分にあるのかな。

チャートの動きに関して簡潔にまとめられていて、数冊読んでこれまで勉強してきましたが、この本が一番理解しやすかったなと感じています。

イマトラ

投資を始めたすぐに、この本に出合いたかったなぁ!

第4章 大損しないための8箇条

勝つためには守りも大切にしろ!といったことが示されています。

簡単にまとめると…
  • 資金管理を徹底しなさい!
  • 損切りは、ルールーどおりに淡々と!
  • 投資にはいろんな人・思いがあることを知っておけ!
  • 取引きの仕方はちゃんと理解しておけ!
  • 取引きの記録はちゃんと付けとけ!大事だぞ!

儲けばかりに意識が行きそうなところを、ちゃんと管理を徹底しながら進んでいくんだぞ!と守りの部分の心得が解説されています。

取引き記録のシート(様式)も参考として記載されています。

いかに型にはめて、自分がどのようなトレードを好む傾向にあるのかを分析しましょうということが重要ということを教えてくれます。

ミライオ

儲けばかりではなく、負け方をどのようにコントロールするかがポイントですね!

第5章 知っておきたい相場の仕組み5箇条

最後の第5章、ここでは株式投資を通じて成長していきましょう!ということを解説しています。

簡単にまとめると…
  • 相場にはいろんなサイクルがあるよ!
  • 経済や政治に興味を持とう!
  • 原油や金などがどう相場に影響するのか、知っておこう!
  • 広い視野で投資を楽しもう!

最後の部分では、ファンダメンタルズ的要素の重要性が語られています。

この本は、基本的に「投資1年目」がターゲットですので、短期トレードに偏った解説となっています。

実践で力を蓄えたら、その技術や視野を持って投資の幅を広げていきましょうという流れですね。

まとめ

まとめ
  • これから学ぶ方には、入門編としてベスト!
  • それなりに学んだ方には、部分的に刺さります
  • 短期の実践で収益を得ながら学べ!的な位置づけの本
  • 決算書をじっくり読み込む!的な要素はゼロ!
  • チャートの見方を学びながら、即実践したい!方向け
  • この本をきっかけに深堀していく
  • 自称初心者なら買って損なし!オススメ(-ω-)/

要点だけを羅列してきましたが、初心者にはGoodな良書ですね!

説明が丁寧で分かりやすいので、専門用語を覚えたいといったレベルの方にもいいと思います。

  • 勝てる!
  • 入門編!
  • 投資を学ぶ!

こういったタイトルの本で自分なりに勉強は重ねてきたという方には、たとえ1年目だとしてもおさらい程度なのかなといった印象です。

最初に学ぶべきポイントが簡潔にまとまっていますので、買って損はありません。

著者はプレゼンが上手いんだろうなといった印象を受けました。

ともかく、Goodな良書です!

イマトラ

とっても読みやすい、理解しやすGoodな良書です!

ABOUT ME
imatora
40代のサラリーマン あと10歳若ければ…は禁句! 今が一番若い精神で前進あるのみ。 get→Give!何かしらplusを与えられる人に! ボチボチ挑戦しています。